SSブログ

反抗期という嵐がさった高校1年生と、受験という佳境に入った中学3年生の息子。
そして我が家の癒しである小学4年生の末娘。今を大切に、更新はボチボチ頑張ります[ー(長音記号2)]

子供のケガ ブログトップ

靭帯損傷 [子供のケガ]

先週の15日、学校から帰ると前日に降った雪で遊んでいた長男。
しばらくすると半べそ状態で、「転んで肘が痛い[たらーっ(汗)]」と帰ってきました。

見ると肘の下辺りに擦りむいたような傷があり、痛いけど動かせるというので様子を見ることに。

骨折した時のような痛がりかたではないし安心していたのですが、翌朝になって起きてくるなり
「腕が痛くて動かせない[もうやだ~(悲しい顔)]」ときた。

予想外に腫れてるし、昨年の夏に骨折したところと同じ場所。
3ヶ月以上経ってるけど、治ったところは脆くてヒビが入ってたりしないよね[がく~(落胆した顔)]

と、慌てて朝一で病院へ行き、レントゲンを撮ってもらうと、前回のレントゲンを取り寄せるから
時間がかかりますと言われ、ドキドキしながら待つこと数十分。

「前回のところはキレイに治ってるね、ここにヒビみたいなのが見えるけど、触って痛がらないから
 たぶん撮った角度のせいで、痛いのは靭帯が伸びて損傷したからだね、ようは捻挫だね」

ということで、靭帯損傷なんて聞くと大変に聞こえますが、捻挫でした[あせあせ(飛び散る汗)]

wikipediaより捻挫 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%BB%E6%8C%AB

「1週間~3週間位痛いかもね、もしも痛みが増すとか、2~3週間しても痛みがひかないようなら
 また来て下さい、シップを出しておくから、痛い間は貼って腕もつっておいた方がいいね」

って、またもや三角巾で左腕をつりながら、捻挫とわかって一安心し学校へ送り届けました。

シップが効いたのか、翌日には痛みもおさまったようで、すっかり腫れもひき、4日目には動かせる
範囲も増えて、5日目には三角巾でつるのもやめ、6日目にはシップのみ。

そして今日はもうシップすら無しで登校致しました。


全治1週間、まったく人騒がせな[どんっ(衝撃)]


今回は診察と処置とレントゲンで3,730円 + 処方されたシップ24枚で390円でした[バッド(下向き矢印)]

総合病院ですが、前回と同じ場所ということで初診扱いにはならず?前回のレントゲンとも
比較してもらえたのは良かったですが[たらーっ(汗)]


余談ですが、そんな時に限って夫は出張中でした。

そして、週末に長男が学校で小さかった時の思い出とその写真や物を持っていくという宿題が
あったのですが、思い出を書く用紙が3枚、お母さんは今忙しいからお父さんに聞いてごらん?
と言うと、夫からはどうでもいいようなことばかり。。

そんなことしか思い出せんのか??と、フツフツと怒りに似た思いが…[むかっ(怒り)]

これが母親と父親の違いなんでしょうかね~

子供たちが巣立った後、この夫と時間を共有できるのだろうか、ふと不安になった出来事でした。


全治3ヵ月!? [子供のケガ]

夏休み早々、7月30日にアイススケートで上腕骨顆上骨折した長男

今年の夏休みは本当に長かった[ふらふら]

ギプスの上からタオルを巻いて、ビニール袋で覆って、お風呂で水遊びをする日々。
海にもプールにも行けず、走るな、暴れるな、行動は制限され、楽しみにしていた予定もキャンセル。

長男にとって試練の夏だったと思います。。


そして、今日、やっとギプス生活から開放されました[グッド(上向き矢印)]

       <ギプスカット後>             <1ヶ月前>

すっかり腫れはひき、左右の違いは感じませんが、
所々汗疹なのか、赤く湿疹のようなものもできて、
少し痛々しく感じました。
そして、見事に皮膚が垢で褐色に[どんっ(衝撃)]

お風呂に入ると垢が出るわ出るわ、それでも1度では落としきれず[あせあせ(飛び散る汗)]
1週間もすれば皮膚もキレイになるかなぁといった感じです。

[exclamation]

これで終わったわけではないんです[もうやだ~(悲しい顔)]


「骨折は、どこであっても治るまで3ヶ月」

だそうで、ここから更に1ヶ月間は運動禁止[exclamation]

くっついたばかりの骨は脆いらしく、重いものを持ったり、手をつくようなことをしないようにと。
まだしばらくは体育も見学、習っているスイミングもお休みです[もうやだ~(悲しい顔)]
(骨折する前日、5ヶ月停滞していた級からやっと進級したばかりだったのに、こんなに休んだら泳げなくなってそうです…)

それでも、お風呂に入れるようになり、手を動かせるようになっただけでもありがたい[ー(長音記号2)]


これまでの経過は、

7月30日、レントゲン検査後、上腕骨顆上骨折と診断
       骨にズレなどはなく、軟骨も無事だったのが幸い。腫れがひくまでは簡易ギプス?
       固定板と包帯のみ。(診察と処置とレントゲン+初診代2,000円で4,760円)
8月 4日、レントゲン後、本格的なギプスに。(診察と処置とレントゲンで4,430円)
8月12日、レントゲン検査のみ(診察とレントゲンで830円)
8月18日、ギプスカットしレントゲン、新たにギプスの巻きなおし(診察と処置とレントゲンで4,430円)
9月 1日、ギプスカット、レントゲン後、包帯に。(診察と処置とレントゲンで830円)
9月18日、レントゲン後、診察。(診察とレントゲンで830円)←追記


1~2週間に1回、5回の通院で、治療費はこれまでで合計15,280円也。
(ちなみに、はまっ子(学童)での事故の為、保険がおりますが、通院日額2,000円で赤字
追記[soon]通院日額2,000円ですがギプス装着期間で計算され、なんと35日間で7万円でした[end]

骨折とはいえ、手術などは必要なく、軽い方だったのかなぁと思いますが、次回の通院は2週間後。
あと1ヶ月間は運動禁止と言われたということは、あと2回はレントゲン通院が必要なんだろうか?

よくわかりませんが、これで骨がズレていたりして手術なんてことになっていたらギプス期間も長く、
もっと大変だったんだろうなぁと思うとゾッとします[がく~(落胆した顔)]

子供の場合、ギプスカット後もリハビリは必要ないらしく、徐々に日常生活で腕を使って慣らして
いくだけで良いそうなので、ホッとしましたが…

さすがに1ヶ月間腕を使わなかっただけあって、筋力が落ちているのか、腕が重いとか、動かすと
痛いと言ってる長男。

それでも、早速お手伝いのお茶碗洗いを復活させた鬼母でありました[ドコモ提供]
(もちろん、少なめではありますが)

だって、この1ヶ月間、夏休みで家事は増えるのに、長男のお手伝いは夫と私で分担し、お風呂では
体を洗ってあげたりと、プチ介護状態。

夏場だったこともあり、毎日ですよ、すっかり体も大きくて洗ってあげるのも一苦労[ふらふら]

長男にとって我慢と試練の夏だったと思いますが、母は忍耐の夏でした[ー(長音記号1)]

でも、一番とばっちりを受けたのは次男でしょうか[あせあせ(飛び散る汗)]
せっかくの夏休み、ろくにお出掛けすることも出来ず、可愛そうなことをしました[もうやだ~(悲しい顔)]


散々な夏休みでしたが、これから夏を取り戻すぞ[ダッシュ(走り出すさま)]


追記(2010.9.18)
ギプスカットしてから、約2週間後の診察で運動OKを頂きました。通院も終了です[グッド(上向き矢印)]
ただ、骨がもろくなっているのは事実でしょうから、調子に乗って無理をしないよう気をつけさせたいと
思います。


コメント(5) 

上腕骨顆上骨折 [子供のケガ]

上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっせつ)、なんだか聞きなれない言葉ですが、

小児に最も多い骨折のひとつで、肘周辺の骨折の60%を占めます。幼稚園児と小学生に多く、男女比は2対1です。鉄棒やうんていなどから転倒して肘を伸ばした状態で手をついた時に、外力が肘まで伝わって発生します。


今日は「はまっ子(学童)」主催のアイススケート教室に参加していた長男と次男。

二人ともローラースケートはおろか、ローラーシューズすら履いたことがありませんでしたが、
指導付きということで申し込み、初アイススケートを体験[るんるん]だったわけです。

が、長男、やってくれました[ふらふら]


30分のレクチャーが終了し、自由滑走に入った途端、転倒し腕が痛いと号泣[もうやだ~(悲しい顔)]

腕は腫れてないんで、転んでビックリしただけだと思うんです、落ち着けば大丈夫だと思うんですが、
痛がってるんで迎えに来れますかって電話が[がく~(落胆した顔)]

電話口でも泣きじゃくって話も出来ない状態[あせあせ(飛び散る汗)]

スケートリンクまでは車で30分ほど、末娘を連れて支度をして、なんてしている間に帰る時間に
なると思うんで、間に合えばスケートリンクに行きますが、ダメなら小学校に迎えに行きます。
と電話を切ったのですが、10分もせずにまた電話が。

泣き止まないんで、一応病院へ連れて行きます、小学校の側の接骨院に連れて行きますんで、
病院まで来て頂けますか?ということで慌てて支度して行きましたよ。

あきらかに電話口の泣き方がおかしかったので家から徒歩10分程ですが、念の為車で病院へ。

案の定、これは折れてそうなんで、レントゲン設備のある病院へ行って下さいって病院をハシゴ。


総合病院で待たされること1時間、
「上腕骨顆上骨折ですね、ズレてはいないんで手術の必要は無いから良かった方ですよ
 後は治るのをまつだけですね、夏休みが終わるまでにギブスが取れるかどうか…」

脱脂綿のようなものを肘にあて、包帯をして10秒ほど数えたと思ったらカッチカチ。
今時の医療はすごいですね~

と関心してる場合ではありません[ふらふら]

来週の水曜日にもう一度レントゲンを撮って、腫れがひいたら本格的なギプスをするそうです。


いえね、ご心配なく。

肘にヒビが入ったと思って頂ければ…

氷上でお友達とふざけて帽子の取り合いをしたらしく、バランスを崩し転びそうになって後ろに手を。
変な手のつき方をしたらしく、骨折って、アホですがな。

まぁ、幸いにも左手ですし、痛み止めの薬も何も処方されないほど、自然治癒を待つのみ。


私も最近では少々のことでは動じません。。

これも長男にとっては良い教訓というか、経験でしょう。



ただ、長男の夏休みは終わりました[もうやだ~(悲しい顔)]

イコール=我が家の夏も終わったと[どんっ(衝撃)]


計画の練り直しです[ふらふら]




今回、激しく泣いていた長男、本人は言葉にならないくらい初めて経験する痛みだったんでしょうね。
応急処置で添え木のような物をしたらやっと落ち着いて泣きやんだそうです。

すぐは腫れなかったのでスケートリンクに常駐していた医師?の方も打ち身くらいに思われたよう
ですが、接骨院で見てもらった時には転倒から1時間が経過し、かなり腫れていました。

レントゲンを撮るために添え木?添え板?をはずしたらまた痛がり、無いと痛いんですな。

肘の骨折は意外と多いそうです。

すぐ腫れなくても、いつもと違う泣き方だったり、痛がった場合は病院へ行った方が良いようです。

皆様もどうかお気をつけ下さい。。




追記(2010.08.06)

これまでの症状
1日目(7月30日):14時頃転倒、病院にて上腕骨顆上骨折と判明。
            17時過ぎ、腕の形に固まった脱脂綿のようなものに包帯をしてもらう。
            固定していれば痛みは軽いようだが、夜中に痛いと起きること数回。
2日目(7月31日):だいぶ痛みがひいたようで、痛いと言う事も減った。
3日目(8月 1日):ほとんど痛みが無くなったようで、痒いというので包帯をはずしお風呂にも。
4日目(8月 2日):痛みは感じなくなったようで三角巾でつるのが嫌だとはずしているように。
5日目(8月 3日):腕をあげたりとだいぶ動かせるように。腕はあざのように黒ずんできた。
6日目(8月 4日):再びレントゲンを撮り、本格的なギプスに。

石膏ギプスではなく、包帯ギプスで、濡らした包帯を巻きつけていったと思ったらカチカチに!

ギプス包帯は焼石膏粉末と綿布を組み合わせで、水に浸すことで水和反応により凝固するらしく、
最近では水硬性樹脂を含んだガラス繊維(グラスファイバー)製のものが主流らしいです。

長男が巻いてもらった包帯ギプスは半透明のような樹脂っぽい感じなのでグラスファイバーかな?
巻いた直後は温かいと言ってましたが、なんせこの暑さ。すぐ痒い~と言うように…


この写真は3日目にお風呂へ入るべく包帯をはずした時のもの。
左右の違いがクッキリ[exclamation×2]見事に腫れてます[たらーっ(汗)]

ちなみに、勝手に包帯をとっちゃいけなかったみたいです[どんっ(衝撃)]
痛がらないし、安易に考えてましたが[あせあせ(飛び散る汗)]

ズレてなくて良かったですよ、三角巾も常につけて腕に負担をかけちゃダメですって[がく~(落胆した顔)]

あぶない、危ない[ー(長音記号1)]


ただ、ギプスは最低でも4週間はつけていることになりそうです。

長男の通う病院は水曜日しかギプス診察がなく、毎週通ってレントゲン、状況を見て巻きなおし?



長い夏休み、長男のギプス生活が始まりました[もうやだ~(悲しい顔)]



頭部打撲!! [子供のケガ]

親行も6年を過ぎると、子供の病気や怪我には疎く冷静になりますが、

やはり頭となると、話は違います。


先日、買い物に行った時のこと。

いつものように夫が子供たち二人をみていてくれ、私は買い物へ。

しばらくすると携帯が鳴りました。



「次男が転んで、おでこにタンコブができたんだけど、腫れがひどくて…」

行ってみると、



言葉が出ないくらい、すごいタンコブが[がく~(落胆した顔)]


夫の話を聞くと、

長男がふざけて次男の両手を後ろ手にするようにひっぱって歩いていて、
次男が転び、そのまま長男も覆いかぶさったと。


ということは、スーパーの硬いコンクリートのタイルの床に、手もつかず、
2倍の体重で頭をぶつけたと[exclamation&question]


そりゃぁ、タンコブも酷いでしょ[どんっ(衝撃)]

夫があぶないと言った矢先に転んだということですが、
なぜすぐ抑制しなかったのか、見ていた大人の責任だとブチ切れましたよ[ちっ(怒った顔)]

長男にも、お店の中ではふざけるなといつも言ってるのに、なぜそんなことをしたのか、
ダメと言われていることをやって、自分が怪我をしたのなら、自業自得。
自分が悪いんだから仕方ないと思えるけど、

相手が怪我した時、どれだけ嫌な気持ちになるか…わかったか[パンチ]

その側で静かにと濡れタオルでおでこを冷やしている次男。


直径3cmくらいのこぶが高さ1cmくらいに腫れ上がっている[もうやだ~(悲しい顔)]




子供が熱を出したり、怪我をするのは、決まって病院が休みの日ですよ。

その日も土曜日、すでに午後。


意識もしっかりしているし、吐いたりしていないので、大丈夫だとは思ったのですが、
あまりにも腫れが酷く、おとなしい次男。

自宅でのことなら、もう少し冷静に色々とリサーチし、様子をみたかもしれませんが、
出先で、しかも私は状況を見ていないだけに、心配で[たらーっ(汗)]


思い当たる脳神経外科のある病院へ連絡し、診てくれるところへ連れて行くことに。

車の中でも終始おとなしく、普段昼寝なんてしないのに、眠りそうになっている[あせあせ(飛び散る汗)]
まさか、意識が朦朧としているんじゃないだろうかと思いつつ、寝ちゃダメだよ[exclamation×2]

話しかけながらも、道が混んでいたり、自宅に保険証を取りに戻ったり。

結局、救急受付をしてもらい、診てもらった時には1時間半が経過。
腫れもかなりひいていました。


「大丈夫だと思いますが、念のためCTを撮りましょうか。」

ということで、CTも撮ってもらい。
CT写真を見ながら説明をして頂き、大丈夫の一言を聞き、胸をなで下ろし。

なぜかそれまでおとなしかった次男も、急に元気にうるさくなりだし[ダッシュ(走り出すさま)]


ほっとしたことで、どっと疲れと怒りが込み上げてきましたよ[ちっ(怒った顔)]


こんな時、私が居なかったらあなたはどうしてたの[exclamation&question]
病院を調べるわけでもなく[むかっ(怒り)]

懇々と夫にお説教しましたよ[ダッシュ(走り出すさま)]

こんな時の夫は、本当に役に立たないというか、頼りにならない[どんっ(衝撃)]


ちなみに次男、脳神経外科は今回が初めてではありません。

確か3歳過ぎだったか、石垣から飛び降りようとして滑り落ち、
出っ張っている岩に後頭部を打ちました[たらーっ(汗)]

それなりのタンコブだったのですが、たまたま嘔吐下痢で飲んでいた薬が体に合わなかったのか、
気持ち悪い…と言うことがあり。

以前、何かのドラマでその時は大丈夫だったのに1ヵ月後くらいに失明してしまった内容を思い出し、
これまた土曜日だったのですが、幸い?午前中で診療している脳神経外科があり、行きました。

その時は、「まだ小さいと動いてしまいCTは撮れないと思います。」と言われ。
でも、今の様子なら大丈夫でしょう。と言われました。

結局、その後も何もなかったのですが[いい気分(温泉)]
どちらの脳神経外科でも同じような内容の注意書きを頂きました。


頭部打撲後の注意

1.頭痛がだんだん強くなる場合
  (幼少児の場合は、機嫌が悪くなります。)

2.持続する吐き気・嘔吐がある場合
  (胃内に残留物がなくても何度も嘔吐がある場合)

3.麻痺が出現した場合
  (歩くとふらつく、すぐ転んでしまう。食事時に食器等が上手く持てない。)

4.意識障害が出現した場合
  (話しかけてもハッキリとした返事がない。刺激しても起きない。すぐに眠ってしまう。)

5.ケイレン発作を起こした場合


特に6時間以内は注意が必要で、1時間ごとに該当する項目がないかチェックしてください。
また、念の為受傷当日の入浴はやめて、安静にして過ごしてください。
過度に心配する必要はありませんが、受傷後24時間~48時間以内は念の為注意が必要です。
上記症状がなければ、通常通り過ごして頂いて構いません。

特に中高年者の場合、稀に受傷後約1~2ヶ月を経て脳の表面に血液が水が溜まり、頭痛・歩行
障害・痴呆症状等を呈する場合があります。これを慢性硬膜下血腫といい、治療が必要となること
もあるので症状を認めたら受診するようにして下さい。

幼少児について、両親が過度に心配したり何度も聞いたりしていると頭痛が無いのに「頭が痛い」
と言ったり、それに対しておろおろしている親の姿を見て楽しんだり、何か困ったことがあると仮病
を使いその場から逃げるようになってしまうことがあります。自主的に「頭が痛い」等と訴えがない
限り、そのまま様子をみて下さい。1日見て、元気であればまず大丈夫だと判断して下さい。


とありました。

頭部打撲は、どんなに軽症であっても、受傷直後の状態よりも受傷後の経過観察が重要

のようです。


ということは、私がドラマで見たのは、慢性硬膜下血腫というやつでしょうか。

そういえば、父が脳溢血で倒れた時、母は居なくて、たぶん倒れてから2~3時間が経過していた
と思われますが、2項にあたいする嘔吐の痕があったこと、3項にあたいする歩行困難、4項にあ
たいする、話しかけても上の空で返事がない、あくびばかりしているといった症状がありました。


ちなみに、おとなしい次男に「頭が痛い?」と聞くと、「頭が痛い」と答え、
「気持ち悪い?」と聞くと「気持ち悪い」と答え、ちっとも話しになりませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]


頭だけに、心配なのですが、先生いわく、「頭は思っているより硬くて丈夫です。」とのこと。

ただ、タンコブの有無等は関係なく、今は症状がなくても、その後の様子をみることが大事だと。
「いつもと何か様子が違うと思ったらすぐに受診して下さい。」

と、救急で受診したにも関わらずとても親切な医師で救われました[わーい(嬉しい顔)]


たぶん、夜間だったり、救急病院まで行かないと診てくれるところがなければ、
そのまま様子をみただろうとは思いますが[あせあせ(飛び散る汗)]

ベビーは頭の骨がやわらかいので、受診するにこしたことはないと思いますが、
一般的に幼児の場合、ぶつけてすぐ泣けば大丈夫と言われているので、
どんなに腫れが酷くても、あてはまる項目がなければ、次こそは冷静に見守ろうと思います。[ふらふら]


いや~、でも、今となっては、あの腫れっぷり、
写真に残しておくべきだったと思うくらいすごかったです(^^;)



頭部打撲に限らず、万が一に備え症状別に救急受付してくれる病院をチェックしておくと安心です[exclamation]

最後に頼りになるのは、やっぱり自分です[exclamation&question]


今回の記事は、本当に、あくまでも、参考までに[exclamation×2]
ぶつけても大丈夫というわけではないですから[exclamation]
コメント(11) 

幼稚園でのケガ [子供のケガ]

今日は雪が残っているせいか、幼稚園は自由登園でした。

我が家はバス通園ですが、車だと10分くらい、子供の足で歩くと40分くらいかかります。
 
 
自由登園とは、また微妙な。。。
 
と思ったのですが、ありあまる体力。

どうせ雪をもとめて外に出て汚れるのであれば、
幼稚園にいって、思う存分遊んできてくれた方が良いかと。

道路は雪かきされており、お天気も良くほとんど雪もとけていたので、車を出し送っていきました。
 

が、どこもかしこも渋滞。あっちこっちで救急車のサイレンが。。
 
ひぇ~やっぱり家にいるべきだった??と思いながら、やっとの思いで送迎し、 
家にたどり着いてから30分経ったかどうか。

幼稚園から電話がありました。
 
 
次男が、教室でくるくると回っていて、ひっくり返ってアゴを切ってしまったと。
血はすぐ止まったのですが、傷口が深いので病院に連れて行きます。
保険証をもって、来て下さい。。って。
 
  
男の子二人、母親業も6年近くやってると、多少のことじゃ動じません。
 
やれやれと思いながら、幼稚園に行き、知らない病院だったので送ってもらいました。
 
 
すぐ泣く次男。ほとんど泣き脅しで、ウソ泣きというかいつも大げさに泣くのですが、
 
泣いていませんでした。
 
 
「全然泣かなくて強かったんですよ。」と先生に言われ、
私に抱かれると、ほっとしたのか泣きそうになったのですが、

医師に呼ばれたせいか、泣きませんでした。

その後幼稚園に荷物を取りに行きましたが、一言もしゃべらないまま。
 
車に乗った途端、泣きそうになりましたが、
「よく頑張ったね。えらかったね。」と抱きしめてあげると、泣かずに落ち着きました。

 
いつもなら、男の子なのに、すぐ泣いて~・・と思うのですが、
最後まで泣かなかった次男。
 
 
肝心な時は泣かずに耐えるなんて、男です。
 
 
えらかったです。
 

 

体操着は血だらけ。
私が病院に着いた時には処置が終わっており、傷口は見てません。

場所がアゴの下、幼児ということもあり、縫わずにテーピングにしたそうです。
また明日様子を見せに消毒に来て下さいと。

って、明日は長男の保育参観日。
 
そこは駐車場の無い、うちから遠い病院。
えぇ・・・と言ったら、病院は幼稚園で連れて行きます。って。
費用も全て幼稚園持ちです。まぁ、もちろん幼稚園では保険に入っているでしょうし、
園内での事故は責任を持つのが当たり前かもしれませんが。。

 
でも、明日も園にお願いすると、私は傷口を確認できないし、
すでに血がにじんでガーゼを剥がすのが痛そう。。。
 
私が一緒じゃない方が強く耐えてくれるか。

私が行くべきか。
  
 
そこが問題です。
 
 
 
追記

 
<ケガの状況>

横幅3cmくらい、深さ7~8mmだそうです。
これでも縫わないのかと思ったのですが、
ムリに押さえつけて縫うと、場所的に他に傷をつけてしまうリスクがあるから、
子供は縫うよりテーピングの方が跡が残らないということでした。

5mm幅くらいのテーピングを3本傷口に渡しています。
テーピングの隙間から多少の出血と膿のような液が滲んでいましたが、
ガーゼは思っていたよりすんなり剥がれ、テーピングはそのままで消毒をして
表面のガーゼを交換しました。

  
<ケガの原因>
 
教室でくるくると回っていて、そのままひっくり返ったそうです。
床はつなぎ目は一切無いタイル?で、何か下に落ちていたわけでもなく。
床の固さと自分の骨で切れたようです。つくづく子供の皮膚の薄さを実感。
 
 
ケガの翌日、長男の保育参観が終わり、午前診療に間に合う時間だったので、
幼稚園を抜け消毒に行って来ました。
傷は思っていた以上に大きくびっくりしてしまいました。

 
次男は、ガーゼを剥がす時も何も言わず耐えていました。

傷の大きさから、今更ながらによく耐えたと関心する反面、成長をたくましく感じました。
 
次の日は病院がお休みの為、また後日消毒に行きます。
 
 
 
<ケガの経過>

1日目(2/4) 縫わずにテーピング3本(抗生物質3日分)
2日目(2/5) 表面のガーゼのみ交換し、消毒
4日目(2/7) 真ん中のテーピングを1本だけ外し状態を確認
         まだ少し血が滲み傷が付ききっていないと、再度テーピング
6日目(2/9) 3本ともテーピングを交換、まだ少し赤みと滲んでる箇所あり
         テーピングは2本に減りました
9日目(2/12)テーピングを1本に交換、傷はついたそうですが、傷跡が少しでも残らぬよう
         今回の1本が自然に外れればOKだそうです(ベストは2週間)
         傷口には赤くカサブタのようなものがついていますが、もう洗顔もOK
         通院は終了となりました
15日目(2/18)気をつけていましたが、病院でしてもらったテーピングは剥がれてしまいました
          剥がれてしまっても2週間はとめておいた方が良いと言われたし、
          一番傷が深かったであろう所はカサブタが残っていたので、自宅にあった
          バンソコとテーピングをしておきました
22日目(2/25)傷口はすっかり治りましたが、傷跡が赤くしこりが残っています
          今年の夏は焼かないように気をつけないと。。

 
     <2/12:9日目の状態>      <2/18:15日目の状態>


   <2/25:22日目の状態>


家の中でのケガ(我が家の場合) [子供のケガ]

子供にとって、家の中であろうと、外であろうと、危険がいっぱい。

長男はよくケガをします。本当によくケガをします。

男の子のママがこころなしか「「たくましい」」のは、
そんな至難を幾度も乗り越えるからではないでしょうか。

そして、ありえないだろうぅ。。。と思うようなところでもケガをします。

昨年の冬だったか、長男はバランスを崩し転倒した際にテレビ台の「フチ」に頭をぶつけ
「耳を切りました!!!」

かなりパックリと切れ、病院に連れて行かねば!と思ったのですが、
子供が病気になる時やケガをする時って決まって休日が多いですよね。

そこで、横浜市が始めた小児救急電話相談に電話してみました。 tel.045-201-1174

小児救急電話相談について http://www.yhanet.jp/qqnet/txt/syouni.html

電話で応対してくれた方の話では、

血が止まっているのなら心配は要らないと思います。
縫った方が治った時に見た目が良くなるとは思いますが、
そんなに深刻にならなくても良いと思いますが。

と、その日に外科救急を対応してくれている、我が家から近い病院を
4箇所程教えてくれました。

人って、話すことによって安心しますよね。

安心しました。

救急って、待たされるだけで行き着けの病院じゃないと通うのが大変。
そんな思いがふつふつとわき、ガーゼとテーピングですませました。(^^;)

ケガから約1年?いまでもうっすらと傷口の跡はわかりますが。
男の子だし、耳だし。問題なし?
 

黒○の側面で切ったのですが、丸みをおびてるので、切れるとは思わず。
子供の皮膚の薄さを実感しました。
そして、側面なんかよりも赤○の角でいつかケガするのでは。。とヒヤヒヤしてます。

色々と安全対策はありますが、あまり意味の無いものが多いですよね。
ロックなのに、子供が簡単にロックを外せてしまうとか。
また、インテリアに不釣合いな原色だったりして、余計気になってとってしまうとか。

それでも、そんなことがあったので、お店に行くと何かないかと探していたのですが、
先日、トイザラスで見つけたコーナーガード。

透明だし199円だし、いいかも!? と購入してみました。  つけてみた感じ。

 

思いっきり出てます。

出っ張りすぎ!

子供がさわって速攻とりました。でも、またつけました。。。
あきらかに「ついてる」って感じだけど、ケガするよりはいいか。

と、今日はハロウィンってことで。

最近はここぞとばかりにハロウィングッズ多いですよね。
果たして、本当にハロウィンのような祭りをやっている家庭はあるんだろうか。
幼稚園ですらやりもしないのに、作ってくるし。

でも、このお飾りも今日までです。

おまけ。

見えるところで、明らかに使っていないコンセント。
ほこり防止ってことでコンセントカバーつけてます。かわいいでしょ?


追記
トイザラスで購入したコーナーガードですが、息子たちが触ってとってしまうせいか
粘着力が弱くなり、すぐ付かなくなってしまいました。
気付くと下に転がってます(T_T)気になった方はご理解の上、ご購入を。





子供のケガ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。